家族の絆

「何の病気かわかってよかったじゃない。なんとかなるわよ」

数年間、原因不明の痛みと戦ったあと、私の病気が特定疾患の難病と判明したときに、妻が発した第一声です。

思えば、長男が生まれたとき、医者から、「この子は、***という難病の可能性が高いです」と宣告されたときも、彼女はこう言いました。
「生まれてきたことを後悔させないためにも、精一杯の愛情を注いで育てます」
私は、どんな状況でも前向きに生きるということを彼女から教わったような気がします。

長男は、これまでに何十回、何百回と注射を打つ日々を送ってきましたが、幼いながらも自分の病気を受け入れ、底抜けに明るく育っております。
私が数年前に入院したときも、いちばん心配してくれたのが、この長男でした。毎日お見舞いに来てくれ、私にたくさんの元気をくれたのです。

そして、我が家の歴史を振り返るとき、忘れられない出来事があります。それは次男が誕生したときのことです。
家族が増えたことはもちろんうれしかったのですが、心のどこかに、「この子も病気だったら・・・」という不安が私にはありました。検査結果を待つ間は、ずっとドキドキしておりましたが、判定はシロ。健康体だったのです。天にも昇る気持ちとはこのことですね。

私は大喜びをしましたが、しばらくして、ある1つのことが頭をよぎりました。それは、次男は健康体、長男は難病認定患者。「どうしてぼくだけ病気なの?」と長男が思ってしまわないかという心配です。

私は帰りの車の中で、それとなく長男に聞きました。
「赤ちゃん、病気じゃなかったんだってさ」
すると、長男はニコニコしながら、こう答えました。
「うん。よかったね。ぼくみたいに注射をいっぱいするんじゃ、赤ちゃんかわいそうだもんね」

私が「わが子ながら、いい子に育ってくれているなぁ・・・」と思っていると、次の瞬間、長男は思いがけないことを言いました。
「赤ちゃんとお母さんは健康、ぼくとお父さんは病気、ちょうど半分。ぼくとお父さんは仲間だね」

私は、このとき初めて、自分の病気に感謝をしました。私が病気になったことで、長男の不安や孤独感を和らげることができたのです。この日から、私と長男は、本当の意味で戦友となりました。

私は、家族からたくさんの幸せをもらいました。私が明るく元気でいることが、家族の幸せにもつながるという、当たり前のことにも気がつきました。

だからこそ、今、売上で悩んでいる経営者のかたには、商売を立て直して元気になってもらい、自分の家族に笑顔で接していただきたいと思っております。経営者が元気になれば、従業員も元気になり、その家族も元気になります。

そのためのお手伝いができれば幸いです。

富岡コーチ&コンサルタント事務所
代表 富岡 敏也

■前橋オフィス
 前橋市南町3丁目50-2プラザアン・2階C
■太田オフィス
 お電話によるお問い合わせ・ご相談は、太田オフィスで一括してお受付しています。
 0276-47-3800

オフィス2

オフィス1

※当事務所はご相談されてきたお客様に対して、しつこい営業等は一切いたしません。
ご相談した後、じっくりご検討していただき、『富岡コーチ&コンサルタント事務所に依頼しよう!』とご決断されたら、お客様のほうから再度ご連絡をお願いしております。
その後のフォロー営業などをご心配されている方、どうかご安心してお問い合わせください。


ちょっと、ホームページの診断や制作のことで相談してみたいかたは、お気軽にご連絡くださいね。→【お問い合わせ】

実際にお会いしてお話しできれば、更にベストです。群馬県前橋市、太田市はもちろんのこと、伊勢崎市、高崎市、渋川市、玉村町、館林市、桐生市、みどり市、大泉町、邑楽町、明和町、千代田町、栃木県足利市、佐野市、小山市、埼玉県熊谷市、妻沼町、行田市、深谷市、本庄市など、1時間程度でおうかがいできる範囲であれば、喜んでご訪問させていただきます。